ラジコン保険

ラジコン保険

ラジコン保険とは、ラジコンの普及や発展に取り組む一般財団法人 日本ラジコン電波安全協会が「ラジコン操縦士登録」をされた方に向けて作られた賠償責任保険です。ラジコン操縦士登録を行うことで付帯される保険になります。ラジコン保険のみの加入はできません。

ラジコン操縦士登録を行うためには、「ラジコン操縦士登録申請書兼払込取扱票(郵便局の払込取扱票も可能)」に必要事項を記入し、振り込みを行います。「ラジコン操縦士登録・ラジコン保険」の登録期間は2年間有効で、4,500円となります。

ラジコン保険は、個人ユーザー用の保険であり、法人や個人事業主が業務中に起こした事故などには適用されません。

ラジコン保険は、所有するドローンメーカー、新品・中古のドローン問わず、個人ユーザーであれば、誰でも加入できるところが魅力です。

保険会社:あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
保険代理店:株式会社ライフステージ

ラジコン保険
対象となるドローン 新品・中古問わず、全てのドローン
個人賠償責任保険金額 1事故につき1億円限度
免責金額 1事故につき5万円
主な補償の種類 ・損害賠償金(示談・調停等の法廷行為は不可、助言協力のみ)
・対人補償
・対物補償
ドローン機体損害補償 なし
他人から借りたドローン機体損害補償 なし
保険料 4,500円/2年間

※2017年2月現在によるものです。必ず公式サイトでご確認願います。

保険に加入したい個人ユーザー向け

「ちょっと心配だからドローン保険に加入したい」と思う個人ユーザーにとって、協会への加入は敷居が高いかもしれません。それでも、何か起きてしまってからでは遅いのが現実です。ラジコン保険は、2年間で4,500円という安い登録料金で、1事故への保険金額が最大1億円(免責金額は5万円必要)までと高く設定されています。

ドローンの離着陸中に小さな子どもが近くに来てプロペラでケガをさせてしまったり、ドローンが制御不能状態となり走行中の車にぶつかっていくかもしれません。この場合は、大きな賠償金額となります。

個人が加入できるドローン保険が少ない中で、ラジコン保険はドローンを選ばないよい保険かなと思います。

SPONSOR

ドローン世界No1のシェアを持つDJIの公式サイトが「DJIオンラインストア」です。DJIオンラインストアのポイントは的確なサポート体制。ドローンを製造するメーカーだからこそ行えるアフターサービスが受けられます。
定期的に行われるキャンペーンでは、魅力的なドローンを安く購入することもできます。

【MAX36%OFF】期間限定!MAVIC,SPARK特別価格で販売中