どこで飛ばしていいの?を教えてくれる!ドローン専用飛行支援地図サービス(SORAPASS)

「ドローンを購入したいけど、どこで飛ばしてよいかわからない」という悩みに対して「ここで飛ばせるよ」と教えてくれるサービスがドローン専用飛行支援地図サービス(SORAPASS)です。

日本初のドローンサービスプラットフォーム「SoraPass」開始

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(以下:JUIDA)と、株式会社ゼンリン、ブルーイノベーション株式会社は、日本初のドローンサービスプラットフォーム「SoraPass(ソラパス)」を開始します。まず、飛行計画から申請までの事前作業を省力化する地図サービス「SoraPassMAP」を2016年5月25日(水)に開始します。なお、本プラットフォームではよりドローンを使いやすい環境・インフラを整備すべく、今後、関連する情報・サービスの拡充を予定しています。

ドローン専用飛行支援地図サービス(SORAPASS)では、日本地図の中にドローンの飛行が禁止されているエリアを色分けして分かりやすく伝えてくれるため、安心してドローンを飛行させることができます。

SORAPASS(ソラパス)は会員登録することで誰もが無料で使えるサービスであり、PCのブラウザからのほか、スマートフォン(iPhone、Android)、タブレット端末(iPadなど)からでも使用できる便利なサービスです。

【無料】ドローン飛行禁止区域を地図上に表示できる地図

SORAPASSの「地図」機能では、国土交通省の許可なくドローンを飛行させてはいけない人口集中地区は「赤」、空港等の周辺の空域は「緑」、発電所や石油コンビナート、自衛隊基地などのその他重要施設は「黄」で表示されています。

静岡駅付近を見てみると、ほぼ全域で人口集中地区でドローンを飛行させる場所はなさそうですが、山に近づくとポツポツと飛行可能な場所があります。

静岡空港の近くには航空自衛隊静浜基地があり、ドローンの飛行は難しそうなことが分かります。空港に比べ自衛隊基地は円が小さいです。

【有料】飛行申請書の作成・提出サービス

国土交通省に「無人航空機の飛行に関する許可・承認申請書」などを提出する際にサポートしてくれます。行政書士に有料で申請書類の作成から提出まで依頼するケースのほか、自分で書類を作るサポートもあります。

【有料】手厚いサポート!SORAPASS有料版

SORAPASSでは2016年11月に、無料で使用できる機能に加え、月額一定料金を支払うことで使用できる有料機能「気象情報、3次元地図、報告書作成サポート」を追加しました。

月に1回は国土交通省に申請や報告書類を提出するような企業を中心としたサービスで、一般の方が使用することは希かもしれません。

全てのドローン禁止区域を表示できるようにしてほしい

SORAPASSには、無料でドローン飛行禁止区域を地図上に表示できる機能がありますが、ドローンの飛行を禁止している場所は他にもあります。

東京都の場合であれば公園などはドローンの飛行禁止ですが、各都道府県や市町村では独自に決めたドローンの飛行禁止の建物や区域があり、罰金も定めているところもあります。

SORAPASSで禁止区域にはなっていないものの、学校などは勝手に入ってドローンを上げられる場所ではありませんし、神社やお寺なども入口に「ドローンの飛行禁止」と大きく看板を掲げている場所もあります。

これらの情報を丁寧にくみ取って、SORAPASSに表示してくれたら、本当にありがたいです。

SPONSOR

ドローン世界No1のシェアを持つDJIの公式サイトが「DJIオンラインストア」です。DJIオンラインストアのポイントは的確なサポート体制。ドローンを製造するメーカーだからこそ行えるアフターサービスが受けられます。
定期的に行われるキャンペーンでは、魅力的なドローンを安く購入することもできます。

【MAX36%OFF】期間限定!MAVIC,SPARK特別価格で販売中