Karma

Karmaの仕様

アクションカメラで40%以上のシェアを持ち、最も有名なGoPro。2002年にアメリカのカリフォルニア州で起業したベンチャー企業で、デジタルカメラでもなくビデオカメラでもない、もっと身近なカメラ。体に着用することで今まで見たことがない動画も撮影可能とし、アクションカムやウェアラブルカメラを世界に広めたメーカー。

GoProが初めて作ったドローンがKarma。Karmaの最大の特徴はカメラにGoProを採用したことです。

2016年9月20日にアメリカで発表され、GoPro初のドローンとして脚光を浴びました。karma販売後の11月に飛行中に電力を失う問題が見つかり自主的にリコールを行い、2017年2月にアメリカで販売を再開し、2017年5月に日本での販売も再開されました。

認知度が高く同価格帯のドローンでは少なからずシェアは獲得していましたが、2018年1月にGopro社がKarmaの製造・販売を中止することを発表しました。Karmaの在庫分の販売が終了し次第ドローン事業から撤退することとなりました。

機体
寸法 長さ 365.2mm x 幅224.3mm x 高さ89.9mm
重量 1,006g
最大速度 54km/h(15m/s)
運用限界高度(海抜) 3.200m
最大フライト時間 20分
バッテリー 5,100mAh
充電時間 Karma本体60分:Karma Grip120分
カメラ
センサー 搭載するGoProの種類による
レンズ
ISOレンジ
シャッタースピード
最大静止画サイズ
静止画モード
動画モード
最大ビデオビットレート
対応ファイル形式
静止画
動画
対応SDカードタイプ
送信機
動作周波数 2.4GHz
最大伝送距離 3km
バッテリー 4時間
対応モバイルデバイスサイズ 5インチ専用モニタ、解像度720p

※仕様は変更する可能性があるため、必ず公式サイトでご確認願います。

Karmaは持ち運びに優れてGoProだけでも使えるところが魅力

karmaの最大のポイントはカメラにGoProを採用しているところです。今後新しいGoProが発売されれば、カメラの性能を向上させることも可能です。Karmaは繊細な作りではなく、角の取られた優しい丸みがあり、子どもがさわっても大丈夫なドローンです。

ドローンとしてもGoProとしても使える

karmaはドローンとしてだけではなく、カメラを取り外せばGoProをアクションカメラとして使えることです。karmaのスタビライザーとグリップを利用すれば、GoProのジンバルとしても利用でき、手ぶれの少ない映像を撮ることも可能です。

通信機にスマートフォンを用いない安心感

Karmaドローンを飛行させるために必要な通信機(コントローラー)には、5インチ720pの画面が付いています。多くのモデルではスマートフォンを使用しますが、この場合、スマートフォンのバッテリーを気にしなくてはならず、バッテリーが切れたときには通信手段を失います。Karmaにはその心配がありません。

通信機自体が子どもでも扱える単純操作が可能な上、丸くて優しい形をしていることもポイントです。

オールインワンパッケージで持ち運びも楽なドローン

Karmaを購入するとKarmaケースも一緒についてきます。Karmaケースが優秀で、Karmaを飛行させるために必要なドローン、GoPro、通信機(コントローラー)、スタビライザー、ハーネス、充電機、バッテリー、プロペラ、グリップなど、すべてをKarmaケースに収納することができます。

Karmaケースは耐候性に優れ、ワンショルダーで持つことも、リュックとして背負うこともでき、ドローンの持ち運びがしやすい点は見逃せません。

SPONSOR

ドローン世界No1のシェアを持つDJIの公式サイトが「DJIオンラインストア」です。DJIオンラインストアのポイントは的確なサポート体制。ドローンを製造するメーカーだからこそ行えるアフターサービスが受けられます。
定期的に行われるキャンペーンでは、魅力的なドローンを安く購入することもできます。

【MAX36%OFF】期間限定!MAVIC,SPARK特別価格で販売中